記事詳細

【加賀孝英 スクープ最前線】米国務長官「一つの中国」主張で台湾切り捨て!? バイデン政権の“対中軟弱政策”に疑念 “米国頼り”一辺倒の尖閣防衛に限界 (1/3ページ)

 ジョー・バイデン米政権の対中姿勢に疑念が広がっている。アントニー・ブリンケン国務長官は5日、中国の外交担当トップ、楊潔チ(よう・けっち)共産党政治局員と電話会談を行ったが、双方の発表が食い違うのだ。米国側は厳しい姿勢を示したと公表しているが、中国側だけが、ブリンケン氏が「一つの中国」原則を順守すると語ったと主張している。事実なら、「自由・民主」「人権」「法の支配」という価値観を共有する台湾を見放したに近い。日本固有の領土、沖縄県・尖閣諸島も危ない。バイデン政権は、同盟・友好国の信頼を勝ち取れるのか。ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

 

 「菅義偉首相は命がけだ。万が一、中国に尖閣諸島を強奪されれば、内閣総辞職は必至だ。第2の竹島、北方領土だ。首相は、北村滋国家安全保障局長や、山田重夫外務省総合外交政策局長、防衛省の岡真臣防衛政策局長、山崎幸二統合幕僚長らに、『断固死守せよ』とゲキを飛ばしている」

 官邸関係者は厳しい顔で、こう語った。

 尖閣周辺海域が緊迫している。中国が1日、南シナ海や尖閣周辺海域に侵入する海警局の武装船に、海上保安庁の巡視船や日本漁船を含む、外国船への武器使用を含む「あらゆる必要な手段」の行使を許可する「海警法」を施行し、海警局船がいつ尖閣強奪を強行するか分からないからだ。

 防衛省関係者は「海警局船は2隻から4隻体制で、頻繁に尖閣周辺領海に侵入し、日本漁船を追い回している。海上保安庁の巡視船が24時間体制で必死に守っている。だが限界が近い。海警局は第2海軍だ。機関砲を発砲すれば、日本側の血が流れかねない。防衛省内には数パターンの尖閣防衛・奪還作戦がある。だが、決断が必要だ。このままではダメだ」と語った。

関連ニュース