記事詳細

コロナワクチン先行接種、重い副反応の報告なし

 新型コロナウイルスワクチンについて、17日に首都圏8病院の125人が先行接種を受けたが、重い副反応は報告されなかった。18日には茨城、長野、岡山各県の医療機関でも順次開始。来週には対象の全国100病院全てに広がる見込み。

 医療機器メーカーのニプロ(大阪市)は、米ファイザー製のワクチン1瓶当たり6回接種できる注射器について、タイにある工場の月間生産能力約50万本を、設備改良などで数倍に増強する。増産分の供給は9月ごろになる見込みとしている。

 国内で主に流通する注射器ではシリンジ(注射筒)の中にワクチンが一部残るため1瓶から5回分しか取れない。ニプロの注射器はワクチンを押し出す棒の先が突起状で、シリンジ内にワクチンはほぼ残らない。

関連ニュース