記事詳細

「ウイグル弾圧はジェノサイド」カナダ下院、人権問題で中国と激突! 北京五輪の開催地変更も要求 識者「日本も非難決議を」 (1/2ページ)

 カナダ国会が、中国の人権侵害に立ち上がった。中国当局が、新疆ウイグル自治区で行っているウイグル族らへの人権侵害が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」だとする非難決議を、カナダ下院が22日、圧倒的多数で採択したのだ。欧米の政治家や人権団体が、2022年北京冬季五輪へのボイコットなどを呼びかけ始めるなか、日本の姿勢も問われそうだ。

 「新疆(ウイグル自治区)の恐るべき人権侵害を深く憂慮している」

 カナダのマルク・ガルノー外相は動議採択後、このような声明を発表した。自身は棄権した。

 注目の動議は、最大野党・保守党が提起した。下院定数338のうち、与党・自由党議員の大半を含む266議員が賛成した。反対はゼロだった。ジャスティン・トルドー政権に公式見解とするよう求めている。

 動議では、北京五輪の他国への開催地変更を、国際オリンピック委員会(IOC)に働きかけるべきとする政府への要求も盛り込んだ。

 これに対し、中国は即座に反論した。

 中国外務省の汪文斌報道官は「中国の内政に干渉するもので厳しく非難し、断固反対する」と警告した。

関連ニュース