記事詳細

離党の白須賀議員を会員制ラウンジに誘った「自民党先輩議員」の心中 (1/2ページ)

 またひとり、国会議員が「夜のクラブ活動」で政治家人生を棒に振った。緊急事態宣言中に与党議員が銀座の“夜の店”を訪れた問題で離党してからわずか2週間。自民党の白須賀貴樹議員が東京・麻布十番の会員制ラウンジ「X」へ通っていたことが報じられ、こちらも離党し、次期総選挙への不出馬も表明した。

 “銀座でなければバレないだろう”という考えだったのかもしれないが、看板のないXは著名人が“お忍び”で通う店だった。この店に白須賀議員を連れていったのは、先輩議員だったという。Xに勤める女性キャストが明かす。

 「1年くらい前まで毎日のように来ていた自民党のAさんです。白須賀さんもAさんの紹介で来た。

 白須賀さんはVIPルームでシャンパンを何本も空けるような方ですが、Aさんはほとんど飲まない。近所の和食店のデリバリーを注文してくれて、一緒に食べていました」

 昨年初めのコロナ感染拡大以降、来店を控えるようになったというA議員に、電話で話を聞いた。

 「たしかにXには行ってましたよ。でも緊急事態宣言中だから最近はまったく行ってなかった。白須賀君がこのようなことになったのは残念です」

NEWSポストセブン

関連ニュース