記事詳細

【勝負師たちの系譜】大山康晴15世名人の予言 AIの台頭や矢倉戦法の変化現実に 「機械と勝負してはダメよ。いつか勝てなくなるから」 (1/2ページ)

 その世界の第一人者となると、未来のことまでわかってしまうのだろうか、と思わせることがいくつかある。

 将棋界では15年ほど前、AIはどこまで強くなるかを全部の棋士に問いかけたことがあった。「プロがAIに抜かれる時代は来ない」という回答が多かった中、羽生善治九段は「2015年頃に抜かれる」と答え、ほとんどその通りになった。

 AIに関しては30年以上前に、故大山康晴15世名人が「機械と勝負してはダメよ。いつか勝てなくなるから」と言っていた。その根拠に機械は感情がないから、ということがあったと思う。

 15世の勝負観は「将棋は最後に悪手を指した方が負ける」というものだった。人間は焦りや迷いという感情があり、どんなに優勢になっても、最後に間違える要素があるが、機械にはそれがないから、ということだ。

 相手が人間であれば、苦戦でも逆転のチャンスはある、という信念で指していたように私は感じた。

 15世の予言といえば、1980年頃から主流となった『飛車先不突矢倉』を見て「あんなのおかしいよ。そのうち皆、突くようになりますよ」と言ったことをよく覚えている。

 私はこの時(飛車先を突かないのはプロらしい含みのある指し方で、このことだけは残念ながら大山先生も当たらないだろう)と思ったものだった。

関連ニュース