記事詳細

中国が反発「国際社会は受け入れない」 米報道官がウイグルでの「ジェノサイド」、北京五輪ボイコットに言及

 中国外務省の趙立堅報道官は7日の記者会見で、米国務省報道官が中国・ウイグルでの「ジェノサイド(民族大量虐殺)」に言及して、来年の北京冬季五輪のボイコットもあり得るとの立場を示したことに対し、「国際社会は受け入れない」「スポーツを政治問題化することは五輪憲章の精神に背く」などと反発した。

 北京五輪ボイコットが、米中対立の新たな火種となる可能性がある。

 一方、米ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は7日の記者会見で、北京冬季五輪に参加する姿勢に現時点で「変更はない」と表明した。「共同でのボイコットを同盟国と議論したことはなく、今も議論はしていない」と述べた。

関連ニュース