記事詳細

「中国の『ち』の字も出ない」茂木外相、韓国の中国人権問題に対する“弱腰”批判

 茂木敏充外相は7日の衆院外務委員会で、韓国が中国の人権問題に沈黙しているとの認識を示唆した。共同声明で、中国への名指しを避けた3月18日の米韓の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を念頭に、「近隣の国を見てほしい。2プラス2を開いても、中国の『ち』の字も出ない」と述べ、韓国の“弱腰”を皮肉った。

 同月16日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で、新疆ウイグル自治区や香港の人権状況について「深刻な懸念」を表明した日本の方が、中国人権問題に適切に取り組んでいるとする見方をアピールしたかたちだ。

 韓国の対中姿勢に関し、茂木氏は「(日本と)かなり違うのではないかと思っている」と指摘した。

 中国人権問題への自身の受け止めについては、「深刻さは十分理解している」と説明。「アジアの国々の中で、一番厳しく声を上げているのが日本であるのは間違いない」と強調した。

 日本政府の中国人権問題対応をめぐっては、制裁に踏み切った米国、欧州連合(EU)、英国、カナダに比べて見劣りするとの声が与野党内で出ている。

関連ニュース