記事詳細

横浜市長選の惨敗で始まった“菅降ろし” コロナ政策にNO、立憲民主推薦の山中氏が大差で勝利 自民“顔”として限界、総裁候補選び本格化 (1/3ページ)

 菅義偉政権に「黄色信号」が点滅した。菅首相のお膝元、横浜市の市長選で22日、全面支援した前国家公安委員長の小此木八郎氏(56)が、立憲民主党が推薦した元横浜市大教授の山中竹春氏(48)に約18万票もの大差を付けられて惨敗したのだ。今秋に衆院選を控えるなか、一部の世論調査では、新型コロナウイルス対策への不満などから内閣支持率が30%を下回る「危険水域」に突入している。菅首相(自民党総裁)は大型選挙で連敗しており、9月に実施予定の総裁選を前に、「菅降ろし」が勃発する可能性がある。

 「菅(首相)も辞めないとしようがないだろう。電話があれば『辞めろ』と言う」

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致に反対する立場から菅首相とたもとを分かった、「ハマのドン」こと横浜港ハーバーリゾート協会の藤木幸夫会長(91)は22日夜、山中陣営の集会でこう語った。

 自民党幹部は「横浜市長選は一地方選挙にすぎない」と火消しに懸命だが、野党側は市長選をIRの是非だけでなく、新型コロナ対応を含めた「菅政権への審判」として戦い勝利しており、政権への打撃は小さくない。

 そもそも、IRは菅首相が官房長官時代から推進してきた肝煎りの事業である。小此木氏も自民党神奈川県連会長として推進してきたが、突然、「IR反対」を掲げて出馬した。菅首相も記者会見などではなく、地元のタウン誌で「(小此木氏を)全面的かつ全力で応援する」と表明した。当然、地元の政治・経済界は大混乱となった。

関連ニュース