記事詳細

ゲーム規制&経済衰退論も処罰 習政権、締め付け加速と“消された親日女優” 「不健全」理由に続く国民への抑圧 (1/2ページ)

 中国の習近平政権が国内での締め付けを強化している。規制の手はネットゲームやエンタメ界にもおよび、「親日」とされる人気女優は芸能界から「消される」事態に。さらに「中国経済衰退論」をSNSで発信すると処罰されるという。

 中国国営通信新華社は8月31日、中国当局が未成年のネットゲームの規制を強化すると報じた。未成年者へのゲーム提供について週末と祝日の午後8時から1時間のみとする内容で、8月上旬には国営メディアが「ゲームは精神的アヘン」とも批判していた。

 これを受けて米ナスダック市場に上場する中国のネットゲーム大手ネットイーズ(網易)や、香港市場に上場するテンセント・ホールディングス(騰訊)などの株価が下落する場面があった。

 エンタメ業界への規制も強まっている。スターの人気ランキングが廃止されたほか、芸能人らにウェブ上でお金を送る「投げ銭」システムを未成年が使うことができなくなった。

 芸能界への監視も強まっている。中国の動画配信サービスなどで日本でも知られる女優、趙薇(ヴィッキー・チャオ、45)の名前が出演作品のキャスト名一覧から次々と削除された。

関連ニュース