記事詳細

河野氏「女系天皇容認」事実上修正か 自民総裁選、安倍前首相と会談 脱原発論は「再稼働はある程度必要だ」とトーンダウン

 河野太郎行革担当相は8日午後、安倍晋三前首相と面会した。河野氏は、安倍氏に自民党総裁選への出馬の意向を伝え、党内保守派などが問題視している「女系天皇容認論」「脱原発論」などについて説明したとみられている。

 面会は、議員会館内の安倍氏の自室で行われた。河野氏が「ご懸念には及びません」と述べたとの報道もある。

 河野氏はその後、皇位継承のあり方について、「男系で続いているのが日本の天皇の一つのあり方だ」と記者団に述べ、政府有識者会議の議論を尊重する考えを示した。女系天皇を容認する発言をしてきたが、事実上修正したようだ。

 また、原発政策について、「安全が確認された原発を再稼働していくのは(温室効果ガス排出量を実質ゼロにする)カーボンニュートラルを目指すうえで、ある程度必要だ」と主張をトーンダウンさせた。ただ、「いずれ原子力はなくなる」「来年にやめろとは言わない」とも語った。

 権力を握るために持論を曲げたとすれば、国民の信頼を得られるのか。

関連ニュース