記事詳細

自民党総裁選 河野氏、石破氏や進次郎氏ら人気者の支持得て「1回目投票」で勝負する戦略 高市氏は選挙対策本部発足、議員票増で岸田氏に肉薄 (2/2ページ)

 石破氏は15日夕の石破派総会で「出馬断念」と「河野支持」を正式表明する見通し。永田町では「河野首相(総裁)-石破幹事長-進次郎官房長官」という“リベラル政権構想”も流れる。

 岸田氏は14日のBS番組で、河野氏の人気者を集める戦略について、「4番バッターばかりそろえて勝てるのか」と揶揄(やゆ)した。

 岸田氏は同日、報道各社のインタビューのほか、働きながら子育てをする女性らとオンラインで対談した。

 高市氏は同日、国会内で選挙対策本部を発足させた。国会議員約40人が出席し、本部長に古屋圭司元国家公安委員長、事務総長に城内実元外務副大臣、事務局長に木原稔首相補佐官が就任した。

 高市氏は記者団に「衆院選が迫る厳しい状況のなか、秘書を含めて70人を超える方々にご一緒いただいた。ここまでご迷惑をかけたら勝たねばならないと思っている。一生懸命戦う。しっかりと政策を訴えさせていただく」と語った。

 永田町事情通は「国会議員票で、高市氏が岸田氏に肉薄している」と分析した。

関連ニュース