記事詳細

ワクチン接種で「集団免疫」見えてきたか 「人流抑制一辺倒では永遠に元の生活に戻ることはできない」村中璃子氏が指摘 (1/2ページ)

 東京都は15日、新型コロナウイルスの新規感染者が1052人だったと発表、24日連続で前週の同じ曜日を下回った。このところの激減の理由について、多くの専門家がはっきりとした見解を示せていないが、「緊急事態宣言の成果よりもワクチンの効果を積極的に評価すべきだ」と強調するのは独ベルンハルト・ノホト熱帯医学研究所研究員で医師の村中璃子氏だ。人口の約52%が2回接種を終え、「ワクチンによる集団免疫が見え始めている」と指摘する。

 集団免疫とは、ワクチン接種や感染により抗体を持つ人の割合が増えることにより、流行の爆発を回避できるようになる状態を指す。

 村中氏は「60~70%のワクチン接種率で初めて集団免疫が成立し、感染が沈静化すると思われがちだが、集団免疫の効果は30%程度から『感染者や重症者が増えにくい』などといった形で実感され始めるのが普通だ。厳密には、マスクや行動制限がなくても1人が何人に感染させるかの指標である実効再生産数が1以下になることが『集団免疫の確立』の定義だが、日本ではこの点が逆説的に捉えられている」と解説する。

 2回接種率が人口の半数を超えた今でも、デルタ株の蔓延(まんえん)で接種していても感染する「ブレークスルー感染」を懸念するなど、「ワクチン頼み」は批判されがちだ。政府分科会の尾身茂会長も「ワクチンはかなり有効だが、何でも自由になるということはあり得ない」と述べている。

関連ニュース