記事詳細

痛烈!!杉村太蔵氏が河野氏は「役人を怒鳴る」と追及 河野氏は顔を赤くし釈明…「平塚弁ちょっときつくなる」 識者「霞が関は戦々恐々だろう」 (1/2ページ)

 河野太郎行革担当相による官僚への高圧的言動を、週刊文春などが「パワハラ」と報じるなか、テレビのワイドショーで、コメンテーターの杉村太蔵元衆院議員が、河野氏を直接追及する場面が見られた。河野氏は顔を赤くして釈明した。自民党総裁選の勝者は、霞が関の官僚組織のトップに立つだけに、党員・党友や国会議員の投票にも影響しそうだ。

 「杉村氏は、霞が関をはじめ、多くの人々が感じている河野氏の問題点を鋭く突いた。河野氏の返答は『その場限りで済まそう』という姿勢に思えた。これでは、誰も納得しないだろう」

 元通産官僚である評論家の八幡和郎氏はこう感想を語った。

 衝撃の番組は、15日のテレビ朝日系「大下容子ワイド!スクランブル」。河野氏は総裁選候補として生出演していた。

 杉村氏はまず、世論調査で断トツ人気の河野氏を、所属する麻生派が一枚岩で応援しない「不思議さ」を指摘し、こう切り込んだ。

 「私が一番心配していることがある。河野さんは役人を怒鳴るでしょ? 自分の立場弱い人をガンガンガンガン責め立てるでしょ? 鋭い言葉で。これは河野総裁・総理が誕生したときに一番心配していることなんです」「霞が関の役人はわれわれ国民の財産だ。その人たちの能力を十分に発揮できるリーダーなのかというところに、すごく不安を持っている」

関連ニュース