政治・社会の連載

新・悪韓論
新・悪韓論
室谷克実

文大統領、脱原発宣言は映画の影響!? 感涙して決断…“映画政治”の危うさ 近いうち冷厳な現実に接し大泣きか

 韓国政治の局面にしばしば出てくるのが、「映画政治」とでも呼ぶべき現象だ。少女が強制連行されて慰安婦にされ、最後は集団虐殺されるという大ウソ映画「鬼郷」が、国民的憤怒を呼び、今日の慰安婦問題をめぐる状況に結びついているのは、その典型だ。【記事を読む】