かかわりのあった6人の男性が不審死した東京都豊島区の無職女(34)と、金銭トラブルを抱えていた男性ら5人がやはり不審な死を遂げた鳥取市の元ホステス(35)。両ケースの共通点は、亡くなった男性らの遺体から睡眠導入剤が検出されていることだ。東京の無職女は医師の処方を受け、鳥取の元ホステスは元看護師と称していたが、実際には誰でも簡単に入手できるという。【続きを読む】

 

注目情報(PR)