こんな時ですが…新幹線リレー号は往年の“激レア車両”だ!

2011.04.13


東北新幹線に接続して福島からJR仙台駅に到着した臨時快速列車=12日午前9時40分【拡大】

 東北新幹線の“代走”として12日から福島−仙台を結ぶ臨時快速「新幹線リレー号」に、国鉄時代に製造された名車両が使われている。この40年モノの電車は、サラリーマンに例えればとっくに定年退職を迎えた身。「最後のご奉公」とばかり、期間限定ながらフルタイムで活躍することになった。 ★鉄道特集

 「リレー号」の一部で快走するのは特急用車両「583系」。1967年に世界初の本格的な寝台電車として開発され、夜は寝台列車、昼は特急列車と、昼夜両用の電車として用いられた。東北本線沿線の住民には上野駅発着の「はつかり」「はくつる」などとしてなじみ深い。

 67〜72年に434両も製造された。しかし、昼夜構わず使われたことで老朽化が激しく、東北新幹線の開業で活躍の場も喪失。現在、JR東日本管内では12両2編成を残すのみで、定期運用は外れていた。

 「リレー号」は東北新幹線が仙台まで復旧する27日ごろまで運行される予定。激レア車両の奮闘は鉄道復旧のシンボルになりそうだ。 ★鉄道特集

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。