「自分は被曝2世」…1人原発へ「無理はせんけん。させんけん」

★桜林美佐「東日本大震災と自衛隊」

2011.05.12

 自衛隊消防隊による原発への放水作業が始まったが、水量は決して満足なものではなかった。そこで3月18日、東京消防庁ハイパーレスキュー隊が投入された。

 ところが、準備に手間取り放水ができない。

 「消防隊は下がれ! 自衛隊が出ろ!」

 焦りのあまり政府の対策本部から怒号が飛ぶ。しかし、防衛省幹部は、今、彼らを下げて自衛隊が代わることによる効果や、かかる時間を考慮すると、即断は慎むべきと考えた。

 それに、せっかく来てくれた彼らの誇りを傷つけることは避けたい。決断は現場に預けるように懇願した。

 じりじりと1時間が過ぎたその時だった。ハイパーレスキューの消防車から水が噴き出した。

 「やった!」

 自衛隊とハイパーレスキュー隊員は、涙ながらに固い握手を交わした。

 彼らが去った後も、自衛隊消防隊の活動は続き、むしろ、厳しい要請が向けられるようになった。

 午前の放水を終え、原発から20キロ離れたJヴィレッジに、やっと戻ったとき、再度出動を求められたことがあった。

 放水にあたる一連の作業は手間がかかる。まず消防車にタングステンシートを張り詰めるなどの準備を行い、Jヴィレッジから原発までは、地震による悪路のため1時間かかる。

 2時間の放水をし、戻ってから全員が放射線量の計測をする全行程で、約8時間は見込まなければならない。その頃には皆、疲労困憊していた。

 「まだ、線量も計ってないのに、行けねーよ!」

 若い隊員は思わず叫び、周囲の者も騒ぎ始めた。

 その時、その場の指揮官が立ち上がったと思うと、防護服を着込んで出ていった。1人原発に向かったのだ。

 自ら4号機の前で線量を計り、安全を確認した後に帰ってきたトップの姿を見て、もう誰にも迷いはなかった。

 「オレたちも行こう」

 自ら示した命懸けの姿に納得したのだ。

 「指揮官は男らしいな、きっと九州男児だな」

 海自隊員が何気なく言った言葉に、1人の陸自隊員はハッとした。かつて、「自分は長崎出身の被曝2世だ」と教えてくれたことを思い出したのだ。誰より放射能の恐ろしさを知っているはずだ。

 そんな思いが伝わったのだろうか、指揮官は独り言のように言った。

 「大丈夫だ。無理はせんけん。させんけん」

 数日前まで名前も知らなかった隊員たちが、心を一つにした瞬間だった。

 ■さくらばやし・みさ 1970年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサー、ディレクターとしてテレビ番組を制作後、ジャーナリストに。防衛・安全保障問題を取材・執筆。震災後、防衛省に加え、被災地を何度も取材した。著書に「海をひらく−知られざる掃海部隊」「誰も語らなかった防衛産業」(並木書房)、「終わらないラブレター−祖父母たちが語る『もうひとつの戦争体験』」(PHP研究所)など。

 

注目情報(PR)