被災した救難隊「一緒に飛ばせてください!」

★桜林美佐「東日本大震災と自衛隊」

2011.05.27

 震災が起きた日から、多くの被災者を救うことになったのは、空からの救助だった。その主体となるはずだったのが、航空自衛隊松島基地に所在する松島救難隊である。

 しかし、救難ヘリUH−60Jなどが水没したため、1機たりとも飛び立つことができなかった。

 「今、すぐに向かわなければ間に合わない…」

 生存者を救出できるタイムリミットを考えると、ヘリさえあれば…。その思いで気は焦るばかりだった。

 自分たちの愛機が目の前で流され、壁にたたきつけられたショック、自家用車も押しつぶした津波の恐怖がまだまぶたに残っている。家族の安否さえ分からないままだ。

 しかし、彼らには「こんな時に飛べないなんて」「今まで何のために厳しい訓練を重ねてきたんだ」という、やりきれない思いしかなかった。

 その時、他基地から救援のヘリがたどり着いた。

 「来てくれた!」

 佐々野真救難隊長は隊員を集合させた。

 「家族が被災してない者、独身者、電話がつながった者を中心にクルーを編成する!」

 移動手段さえあれば、どこかの救難隊に臨時編入させることができると考えついたのだ。隊員たちがざわめいた。

 「隊長! 私も行かせてください」

 隊長は胸が熱くなった。意気消沈している者などいなかった。「助けたい」という気持ちが何にも勝っていた。

 「われわれを乗せていってくれ!」

 救援物資輸送で基地に降りたCH−47(チヌーク)を引きとめた。このヘリに便乗し、まずは、航空救難団本部がある入間基地まで運んでもらおうという算段だ。突然の要請に司令部との調整は混乱した。

 「そんなニーズはあるのか?」と言われたが、必死の説得に、それ以上は問われなかった。

 他の救難ヘリは夜通し飛んでいるのだ。今、細かい手続きや説明をしている余裕はない。

 半ば力ずくで80人の隊員のうち12人を向かわせた。12人の松島救難隊員は、入間からさらに百里基地に移動し、翌朝から百里救難隊に臨時勤務する形で活動することになった。

 「よく来てくれた…」

 彼らの姿を見て、百里基地では驚愕していたが、快く受け入れてくれた。

 「一緒に飛ばせてください! 燃料が続く限り」

 それから不休の救出作戦が始まった。

 一方、陸上自衛隊の航空部隊も壮絶な救出劇を繰り広げていた。

 ■さくらばやし・みさ 1970年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサー、ディレクターとしてテレビ番組を制作後、ジャーナリストに。防衛・安全保障問題を取材・執筆。震災後、防衛省に加え、被災地を何度も取材した。著書に「海をひらく−知られざる掃海部隊」「誰も語らなかった防衛産業」(並木書房)、「終わらないラブレター−祖父母たちが語る『もうひとつの戦争体験』」(PHP研究所)など。

 

注目情報(PR)