人妻が不倫に走る時…学校父母会は危険

★カウンセラー・潮田英子−不倫に走る女の心理

2012.06.24


潮田英子先生【拡大】

 妻が不倫(浮気)に走る原因とは何か。不倫をする妻が相談に来る場合、不倫の理由に「セックスレス」をあげるケースが圧倒的に多いという。

 だが、「夫に対する不満はセックスだけでなく、食事を出しても無言で食べている、家事を評価してくれない、子育てに協力的でないなど複合的。要は『こんなにひどい目に合っているのだから、恋人ができてもいいのよね』と、後押しを求めて来るのです」

 カウンセリングでは、気持ちを十分理解してあげて、もう一度考え直す方向で助言するが、「ここまでくると進んでしまう人が多い」という。

 妻の相手は年上の男性が多く、割り切ったダブル不倫。ネットで知り合うケースもあるが、意外と多いのが学校の父母会やサッカー教室など子供関係のつながりだ。

 「夫同士、家族ぐるみで顔見知りの場合もあって、『そんなご近所で大丈夫?』というケースが結構多いんです」

 働いていれば勤務先の上司や取引先の男性。パートに行き出したら、すぐに上司とデキてしまうことも少なくない。

 それまで不満を口にしていた妻が実際、浮気をし出したら急にグチをいわなくなり、淡々ときちんと家事をこなす。けんかもしないので、夫にとっては非常に楽。その平穏のときが危ないという。

 「女性は巧妙なので絶対ボロは出しません。もし、下着の趣味が派手になったなど分かりやすい変化があれば、逆に何かを気づかせたい意図があるのでしょう」

 唯一、発覚しやすいパターンは携帯電話。「女性は思い出好きなので、彼からの熱愛メールは残してしまう人が多い」と女ゴコロを指摘する。

 ■うしおだ・えいこ 早稲田大学政経学部卒、お茶の水女子大大学院人間文化研究科で夫婦問題を研究。うしおだカウンセリングルーム代表。

 

注目情報(PR)