【衝撃事件の核心】逃亡16年、宅見組長射殺「現場指揮役」ナゾだらけの“逃走資金と支援者” (1/3ページ)

2013.06.20


 射殺された宅見勝・宅見組組長の一周忌の参列者ら。襲撃に直接関与したとされる6人のヒットマンたちの末路はさまざまだ=平成10年8月撮影【拡大】

 「最後の指名手配犯」の逃亡生活は16年で終止符が打たれた。平成9年8月、指定暴力団山口組の最高幹部だった宅見勝・宅見組組長=当時(61)=ら2人が射殺された事件で、現場指揮役として指名手配されていた暴力団中野会(解散)元組員、財津晴敏容疑者(56)が、兵庫県警に逮捕された。襲撃に直接関与したとされる6人のうち3人はすでに実刑判決が確定し、残る2人も遺体で見つかっている。財津容疑者には死亡説も流れていたが、神戸から約400キロ離れた埼玉県内のアパート前での突然の逮捕劇だった。逮捕の背景にあったのは、捜査当局の執念の捜査か、それとも裏切りか。

■うなだれ…「はい」 しかし手元には35万円

 6月5日朝、埼玉県狭山市の西武新宿線沿い。閑静な住宅街の一角にある2階建てアパートは、逃亡者が身を潜めるにはあまりにも似つかわしくない黄色い外装だった。しかし、捜査当局の目から、そして公開手配を知る市民の目から逃げ続けた男が、アパート1階「102号室」に潜伏しているとの情報を得ていた兵庫県警の複数の捜査員は、男が動く瞬間を息を潜めて待った。

 午後1時45分、ドアを開けて出てきた男は長袖Tシャツに青いズボン、キャップ帽というラフないで立ちだった。2人の捜査員は瞬時に近づくと、「財津か」と職務質問した。男は逃げる素振りも抵抗する様子もなく、「はい」と答えてうなだれた。

 任意同行先の埼玉県警狭山署で、指紋などの身体的特徴が一致していることを確認。午後4時すぎ、逮捕状が執行された。

 「2人を射殺したのは間違いない。見届け役として現場に行った」

 財津容疑者は素直に容疑を認めた。その後の調べに「1人暮らしで仕事もしていなかった」とも供述したが、逮捕時に所持していた現金は約35万円。「2〜3年前から住んでいた」というアパートや公共料金が同一の別人名義で契約されていたことも判明した。

 逃亡生活を支えた人物がいたことは明らかな状況だが、財津容疑者自ら協力者の存在を明かすようなまねはしない。もちろん埼玉以前の足取りを明かすことも…。兵庫県警は体制を組み直し、逃亡の経緯を含めた全容解明に乗り出した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。