【誇れる国、日本】ミサイル防衛より攻撃用兵器の保持 戦争抑止には現実的な防衛力整備を (1/2ページ)

★(3)

2013.08.25

 中国は軍事費を20年以上も2ケタ増させ、今や米国、ロシアに次ぐ軍事大国となった。一方、日本は防衛費を減らし続け、ようやく安倍晋三政権となった2013年度、11年ぶりに防衛費をプラスにした。そして、来年度も2・9%増の予定だ。これで2年続けての増額となる。

 私は、安倍首相の決断を支持する者だが、中国と競い合うように「防衛費をどんどん増やせ」といった意見にはくみしない。日本のGDP(国内総生産)はこの20年間、増減はあるが伸びていない。防衛費だけを突出させるのは疑問で、この先、経済力がついてくれば増額を図るべきだ。

 日本の防衛費は専守防衛を基本とする憲法上の制約もあり、効率的に使われていない。「攻撃は最大の防御なり」との言葉があるように、1兆円以上かけても役に立たないMDシステム(ミサイル防衛)で備えるより、抑止力としての攻撃用兵器(弾道ミサイルや巡航ミサイルなど)を持つことは、安上がりな防衛費で効果的だ。

 実は、最も安上がりの防衛兵器は核兵器だが、それには世論の支持が必要だろう。

 以前、台湾の政治家と会談し、中国に対抗する軍事戦略を聞いたことがある。彼は「中国が台湾侵略に着手したら、上海だけを徹底的に攻撃し、破壊する。台湾にはその能力がある。これこそ抑止力だ」と語っていた。

 相手の攻撃をためらわせる十分な反撃能力を持つことが抑止力というのは、日本以外の国際常識である。日本の領空・領海を侵犯する他国の軍用機や船舶が絶えないのは、「どうせ、日本は何もできない」と見透かしているからだ。

 戦争は軍事のパワーバランスが崩れると誘発される。中国は、チベットやウイグル、内モンゴルなどを吸収して拡大してきた。今、その矛先が日本に向かってきている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!