女性目線のラーメンHP「yae軒」が10周年!

2013.08.30

 「yae軒 10周年記念オフという名の納涼会」が開催され、参加してきた。「yae軒」というのは、ラーメンのホームページ(以下HP)で女性の「yae」さんが主宰者。スタートは2003年9月、時代はHPからブログへ移行し始めた頃。HP開始としては遅い方だ。

 ラーメンが好きな女性は少なくないが、頻繁に食べ歩きをする人はそう多くはない。そんな中、あえてHPで10年も続けてきたのは素晴らしい。8月25日現在、トップページのカウンターは109万を表示している。登録数は1296店舗2285杯。毎年230杯ほど食べていることになる。

 HPの特徴を本人はこのように語っている。「ニュアンス系なので、コメントは参考にはなりませんが、最寄り駅からの行き方や、お店の外観、ラーメンの見た目など女性でもどんどん食べに行ってくれればという一心で更新してきました」。女性目線というのは大きな個性といえる。

 それと大きな特徴が「紫」。紫色が好きらしく、文字が紫であるばかりでなく「紫の食材を使ったラーメン」なども集めている。そのことを仲間や店主は知っており、「紫情報」は彼女の所に集まってくる。

 女性のラーメン評論家が何人か出てきているが、彼女は表舞台に出ることを避け、地道に更新を続けてきた。しかし、その「納涼会」に集まったメンバーがすごい。付き合いのあるブロガーやラーメン好きは当然として、有名ラーメン店主が多いのだ。

 日曜の昼間なのに、あちこちから集まってきた。遠いところだと岐阜までも。パーティーではなく飲み会なのに(笑)。いちラーメン好きでこれだけの有名ラーメン店主を動かせる人は少ない。無名ながら影響力のある人なのだ。

 そしてユニークだったのは当日のメニュー。会場は金町の人気ラーメン店「金町製麺」を貸切にしたのだが、メニューにまで口を出していたのだ。紫の「シャドークイーン」を使ったサラダやコロッケなどは色重視。ニュータンタン豆腐など川崎のご当地ラーメンをアレンジしたもの、粉末しょうゆを使ったもの、地方の名産品などなど。

 そして締めはyaeさんプロデュースの中華そば。具は海苔だけ。麺は乾麺。しかし、これがおいしかった。やるもんだ。「継続は力なり」という言葉を思い出した。もっともっと女性のラーメン好きが出てきて活躍して欲しい。

 ■ラーメン耳寄り情報

 「東京下町中華そば すずめ食堂」(曳舟)

 長野で5店舗展開中の「ゆいが」グループの大将が東京進出。「納得がいくまで長野には帰りません」と決意も固い。王道をゆく中華そばで実にうまい。

 ■大崎裕史(おおさき・ひろし) 自称「日本一ラーメンを食べた男」。2012年11月現在で9500軒、2万500杯のラーメンを食破。株式会社ラーメンデータバンク代表取締役、日本ラーメン協会理事。Webおよび携帯の「ラーメンバンク」を運営している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!