【誇れる国、日本】慰安婦問題、反撃の好機 「河野談話」徹底追及を (1/2ページ)

2013.11.10

 天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会で、山本太郎参議院議員が、陛下に手紙を渡した件が問題となっている。山本氏は「福島第1原発事故をめぐる現状を伝えたかった」などと釈明していたが、彼からは、日本人として当然持つべき、皇室に対する尊崇の念は微塵も感じられない。私は彼が自身の存在感を示そうと、単に売名行為に及んだとしか思えない。

 しかし、もっとケシカランのは、日本と日本人を貶めている慰安婦問題を悪化させた河野洋平元衆院議長である。閣議決定もなく、彼が慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」をめぐって新たな動きがあった。

 河野談話の根拠となった元慰安婦への聞き取り調査が、極めてずさんだったことを暴いた産経新聞のスクープ(10月16日)を受け、日本の母親たちのグループが河野氏に対して、「ずさんな調査を知っていたか」「河野談話の撤回に賛同するか」という公開質問状を送ったというのだ。

 私はこのニュースを聞き、「河野氏は、母親たちにきちんと説明すべきだし、間違った政治判断で国益を損なったことを、国家と国民に謝罪すべきだ」と思った。さらに、国会としても河野氏の証人喚問を行い、日本がいわれなき批判を浴びせられる原因となった河野談話について徹底的に追及し、真実を明らかにすべきだと思う。

 日本は戦後、押し付けられた憲法前文「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」の精神により、敗戦国として我慢をずっと強いられてきた。中国や韓国に理不尽な批判・要求を受けても、米国から「反撃することを封じられ、泣く泣く引き下がってきた」と聞く。

 米国としては「強い日本」が復活することを阻止する意図があったのだろう。ここに左翼勢力や反日メディアなどが介入し、自虐史観が広がったといえる。日本は完全な独立国家ではなかった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!