【誇れる国、日本】侵攻だけでなく戦争も視野? 断末魔・中国に油断するな (1/2ページ)

2013.11.17

 北京の天安門前での車両突入事件に続き、山西省太原市の共産党委員会庁舎前で連続爆発事件が発生するなど、中国で異変が起きている。共産党の重要会議、第18期中央委員会第3回総会(3中総会)は厳戒態勢下で行われ、何と治安ボランティアとして中学生まで動員されたという。

 過去、独裁政権はその末期に、少年までも動員して延命を図ろうとしてきた。最近のニュースを見ていて、私は「中国で王朝交代が近づいているのでは」と感じる。

 「中国4000年の歴史」と言われるが、わが国の「万世一系」の皇室・皇統とはまったく異なる。統一王朝が成立しても、官僚腐敗の蔓延、地方の反乱などで分裂し、異民族が、皇帝およびその一族を殺戮(さつりく)することによって、新しい王朝の皇帝になる血生臭い易姓革命を繰り返してきた。そして、その度の動乱・粛清で人口は激減した。

 現代の王朝・共産党一党独裁政権も、利権を握る官僚や軍幹部らの腐敗・賄賂で貧富の格差を拡大させている。

 昨年の中国人民銀行の調査によると、1990年代半ば以降で官僚や国有企業幹部の国外逃亡は1万6000〜1万8000人という試算があり、彼らが海外に不法に持ち出した資産は約十兆円とある。

 環境汚染も深刻化している。

 有害な微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度などが上がり、一部地域で視界10メートル程度という猛烈なスモッグが発生。工業化や都市化の影響で水不足や水質汚染も著しい。党や企業が環境破壊を無視して目先の経済成長を追い求めた結果といえる。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!