【誇れる国、日本】安倍首相の靖国参拝を高く評価 都知事選は田母神氏を全面支持 (1/2ページ)

2014.01.12


田母神氏は都知事選への出馬を表明した=7日【拡大】

 明けましておめでとうございます。今年こそ、日本人が民族の歴史に誇りと自信を取り戻し、平和と繁栄を自らの力で勝ち取る歴史的な年とすべく、全力で頑張りたいと思う。

 さて、安倍晋三首相が昨年末、246万余柱の英霊が眠る靖国神社を参拝した。私はこれを高く評価したい。国家のリーダーが、国のために命を捧げた方々に、尊崇の念を表するのはどこの国であっても当然である。

 安倍首相は政権奪還から1年間、中国や韓国に配慮する「抑制的対応」を続けてきた。にもかかわらず、中韓両国は「反日」姿勢を崩さず、日本と日本人を貶める卑劣な情報謀略戦を展開し続けた。日中、日韓関係は最悪期といえる。これ以上、悪化することのないタイミングに、安倍首相は靖国参拝を決断した。

 1カ月たっても批判が続くようであれば、毎月参拝を繰り返せばいい。これを3、4カ月も続ければ、中韓両国も、批判すればするほど日本が保守化傾向を強めてくると気付くだろう。

 そもそも、戦没者をどう慰霊・追悼するかは、各国の歴史や宗教観に基づいた内政問題である。中韓両国の批判は、内政干渉以外の何物でもない。靖国問題も、慰安婦問題も、日本の反日・左翼メディアが火を付けたものだ。中韓両国は、国内での反政府のエネルギーを反日に向けさせて、求心力を高めている。

 米国が今回、安倍首相の靖国参拝を「失望している」と論評して注目されたが、私にしてみれば「ついに正体を現したか!」と思った。戦後、日本が二度と強国にならないように東京裁判史観で縛り付け、中国や韓国を使って押さえ付けてきたのが米国だったからだ。

 これまで米国は大国として裏で糸を引き、悠然と構えていた。衰退する米国は、オバマ政権になって世界のリーダーとして対応することができなくなったのだろう。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!