【痛快!テキサス親父】安倍首相の靖国参拝「米国は何も言うべきではなかった」 (1/3ページ)

2014.01.14


「テキサス親父」ことマラーノ氏【拡大】

 安倍晋三首相の靖国神社参拝に、米国から強力な援軍が現れた。動画サイト「ユーチューブ」での切れ味のいい評論活動が注目されている「テキサス親父」こと、トニー・マラーノ氏だ。夕刊フジの新連載「痛快! テキサス親父」で、「安倍首相は何も悪くない」「中国と韓国はおかしい。黙れ!」「米国は何も言うな」などと直言した。中韓両国の情報謀略戦が展開される米国から、日本人を勇気付けるエールが届いた。

 ハーイ、みなさん。今日から夕刊フジで連載することになったトニー・マラーノだ。米テキサス州に住んでいる。愛する日本が関係する問題をざっくばらんに取り上げたい。よろしく頼むぜ。

 さて、安倍晋三首相が昨年末、東京の靖国神社を参拝した。この神社は日本のために命を落とした約250万人の日本人の魂が祀られている。安倍首相は「英霊に尊崇の念を表した」「不戦の誓いをした」と語っていたが、中国と韓国が「行くべきではない」と文句を言っているんだ。

 日本のリーダーが、自国内で移動しただけなのに非難しているんだぜ。日本人は、中国政府や韓国政府の許可がなければ、自国内を移動できないっていうのか? おかしいじゃないか。

 どうやら、中韓両国は約250万人のうち、太平洋戦争の戦争犯罪人とされる約1000人、中でも14人のA級戦犯が祀られていることを問題視しているようだ。それ自体にも疑義があるんだけど、たった14人のために、国家のリーダーが他の約250万人の戦没者に祈ってはいけないというのか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!