【誇れる国、日本】細川氏につきまとう「政治とカネ」 舛添氏はライバル意識の「脱原発」 都知事選 (1/2ページ)

2014.01.19


細川氏の都知事選出馬には問題が多い【拡大】

 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)は、舛添要一元厚労相(65)が、かつて除名された自民党や公明党の支援を受けて名乗りを上げた。細川護煕元首相(76)は、「脱原発」で一致する小泉純一郎元首相(72)の後押しを受けて出馬表明した。小泉氏の次男、進次郎氏が「(舛添氏を)応援する大義はない」と述べるなど混戦模様といえる。

 まず、細川氏が20年前に9カ月で政権を投げ出したのは、東京佐川急便からの1億円借り入れ問題を追及され、証人喚問要求から逃げるためだったとされる。金銭問題で辞職した猪瀬直樹前都知事の後任が、金銭問題で辞職した元首相でいいはずがない。

 舛添氏については、新党改革の旗揚げ会見(2010年4月)で、壇上の日の丸を「邪魔でしょ」と言って排除したことが、ネットなどで批判されている。今回の出馬会見でも、細川氏を意識してか「私も脱原発です」と語っていた。

 こうなると、日本経済の再生や科学技術の発展を視野に入れ、原発維持を表明する有力な都知事候補は、私が支援する田母神俊雄元航空幕僚長(65)しかいない。今後、さらに多くの人々に支持を広めていきたい。

 そもそも、福島原発事故の深刻化や、強制避難に伴う災害関連死、科学的根拠の薄い「原発=危険」という印象が広まった責任は、当時の民主党政権にある。自然放射能(1・4ミリシーベルト)より低い1ミリシーベルト以下の除染など、無意味だ。

 東日本大震災の直前、当時の菅直人首相は外国人献金で辞職寸前まで追い込まれていた。そんな矢先に大震災が発生した。菅氏は疑惑隠し戦略というべきか必要以上に事故対応に口を出した。現地視察が「ベントを遅らせ、水素爆発を招いた」との報道もある。まさに人災である。

 資源のない日本は国益を踏まえて、冷徹に「エネルギー安全保障」を考えなければならない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。