NHK籾井新会長「慰安婦発言」なにが問題? 屋山太郎氏「常識的な発言」 (1/2ページ)

2014.01.27

 NHKの籾井勝人(もみい・かつと)新会長(70)が就任会見で、慰安婦問題について直言したことが注目されている。「当時の戦争地域には大体つきものだったと思う」「(問題は)日韓基本条約で国際的に解決している」などと真っ当なものだが、一部メディアや野党が「進退問題に発展も」「通常国会で追及する」などと大騒ぎしているのだ。

 就任会見は25日、東京・渋谷の放送センターで開かれた。籾井氏は、三井物産副社長や、ITサービス大手の日本ユニシス社長などを歴任し、同社特別顧問からNHK会長に転身した国際派。「NHKのボルト、ナットを締め直す」と語るなど、番組偏向が指摘される同局を立て直し、国際報道を通じた日本の主張発信が期待されている。

 注目発言は、記者から「慰安婦問題については?」と聞かれ、籾井氏が「会長職はさておき…」といい、持論を語ったもの=発言要旨参照。批判を受けて「では全部取り消します」といい、27日には「個人的意見としても言うべきではなかった。不適当だった」と述べた。野党や一部メディアが過剰に反応しているが、どうなのか。

 評論家の屋山太郎氏は「一体、何が問題だと言うのか。籾井氏は極めて常識的な発言をしている」といい、こう続ける。

 「慰安婦が性奴隷ではないことは、『フィナンシャル・タイムズ』や『ニューヨーク・タイムズ』の東京支局長を歴任したヘンリー・S・ストークス氏も著書『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)に書いている。籾井氏は責任を問われる発言などしていない。NHKは公共放送として問題が多かった。しっかりした認識を持ち、度胸のある籾井氏ならば、変えられるかもしれない」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。