米海軍司令官、一線越えた中国に重大な警告 衝突覚悟の新防衛戦略 (1/2ページ)

2014.02.13


中国の習主席はDF−21Dミサイルで日米に脅威を与えている(AP)【拡大】

 中国が開発したDF−21Dミサイルは、米国の機動艦隊空母や駆逐艦隊だけでなく、沖縄や日本にある米軍基地を正確に狙い撃ちできる。日米両国に重大な軍事的な脅威を与えているが、米国は、このミサイルに対抗する新たな戦略を構築したことを明らかにした。

 中国のDF−21Dは基本的に空母機動艦隊を追撃し、攻撃するミサイルだ。射程は1315マイルから1726マイル、弾頭に装備されたレーダーと光学センサーによって目標を正確に攻撃できるため、「空母キラー」と呼ばれている。

 DF−21Dの登場で、これまで西太平洋から東シナ海、南シナ海をわが庭のごとく行動してきた米第7艦隊は想像もしなかった脅威にさらされるようになった。米国の軍事専門家は「アジア太平洋における米国の軍事的優位が奪われつつある」と指摘する。

 中国は、DF−21Dを背景にAAAD(接近阻止戦略)と呼ばれる中国周辺に米軍を近付けない軍事戦略を構築し、日本の尖閣諸島周辺に防空識別圏を作った。こうした中国の侵略的な攻勢に、米国はようやく本格的に対抗する体制を作り始めたのである。

 「米国はあらゆる手段を動員して、中国のDF−21Dの脅威に対抗する」。米海軍のグリナート司令官はこう宣言しているが、その戦略の概要は次のようなものだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。