コンビニからエロ本が消える? 業界は危機的ダメージ 浄化作戦が浮上するワケ (1/2ページ)

2014.02.27

 日本中を感動に包んだソチ五輪が閉幕したが、列島の視線は6年後の東京五輪に向けられている。国立競技場の建て替えなど準備が進むなか、このスポーツの祭典に戦々恐々とする人もいる。成人雑誌の関係者だ。五輪に向けた一環ですでに風俗業界の浄化作戦が始まっているが、「コンビニエンスストアからエロ本まで駆逐しようとする動きがある」(事情通)という。エロ業界の“2020年問題”とは−。

 男子ジャンプの「レジェンド」葛西紀明選手(41)の悲願の銀メダル獲得に、フィギュアスケート女子、浅田真央選手(23)のフリーでの魂の演技−。

 見どころ満載だったソチ五輪が終わった。現地の盛り上がりを見るにつけ、アスリートたちの熱戦がナマ観戦できる2020年東京五輪への期待が高まる。

 「地の利を生かして日本勢はメダルラッシュも狙える。競技面もさることながら、何より魅力的なのはその経済効果だ」(都政関係者)

 森ビルの関連団体「森記念財団」の試算によれば、五輪本番までに全国で121万人の雇用が創出。経済波及効果は、都が発表した試算と合わせて20兆円規模、国内総生産(GDP)を0・3%押し上げるという。

 スポーツ熱も景気も上昇して、まさにいいことずくめだが、一部の業界は、五輪の“副作用”に頭を抱えている。

 「成人向け雑誌、いわゆるエロ本を扱う出版社です。コンビニ業界の中で、来日する外国人の目に触れさせないためにエロ本の類を店舗から閉め出そうという話が出ているのです」(出版関係者)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!