愛媛で震度5強、南海トラフとの関係は… 専門家「可能性否定できない」

2014.03.14


地震による落石が散乱した道路=14日、愛媛県西予市【拡大】

 14日午前2時6分ごろ、近畿から九州までの広い範囲で地震があり、愛媛県西予市で震度5強、広島県呉市や大分県臼杵市で震度5弱を観測した。気象庁は、マグニチュード(M)9級の南海トラフ巨大地震との関連を否定したが、地震学者は「巨大地震を誘発する可能性は否定できない」と警告している。

 岡山、広島、山口、愛媛、高知、大分の6県で計19人がけがをした。いずれも軽傷とみられる。

 四国電力によると、震度5弱だった愛媛県伊方町の伊方原発に異常はなかった。中国電力によると、広島市安佐南区と広島県東広島市の計約8000戸で一時停電した。

 震源地は伊予灘で震源の深さは約78キロ。地震の規模はM6・2と推定される。津波はなかったが、今後1週間は震度4程度の余震に警戒が必要だという。

 震源に近い四国沖の海底には、M9級の連動型の巨大地震を発生させる危険のある南海トラフがある。今回の地震との関連が気になる所だが、気象庁は直接の関連は否定している。

 本当に大丈夫なのか。本紙で『警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識』(毎週木曜)を連載する武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏は「南海トラフのさきがけである可能性は否定できない」と警告し、こう続ける。

 「南海トラフから続くフィリピン海プレートが起こした地震で、関連がないとはいえない。同じエリアでは、2001年に死者2人を出したM6・7の芸予地震が起きている。1905年にもM7・2の明治芸予地震で死者が11人出ており、規模の大きい地震が頻発するエリアで、今後も警戒が必要だ」

 今回の地震が南海トラフ巨大地震の「前震」ならば、巨大な本震が数年から10年以内に起きる可能性があるという。

 不吉な前触れでないことを願うばかりだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。