東芝、怒りの提訴 韓国企業に断固たる措置 1000億円以上の利益喪失 (1/2ページ)

2014.03.14


移送される杉田容疑者(左)。事件は氷山の一角か【拡大】

 電機大手「東芝」が怒りの提訴だ。同社の半導体メモリーの研究データを不正流出させた疑いで提携先企業の元技術者が逮捕された事件に絡み、元技術者からデータを不正取得し、使用しているとして、東芝は、韓国の半導体大手「SKハイニックス」に損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁に起こした。技術立国・日本を死守できるのか。

 「当社固有の先端技術は国際競争を勝ち抜くための源泉であるとの考えのもと、今回のような不正事件に対しては断固とした措置を講じていく」

 東芝は13日、こうしたコメントを発表した。同社は請求額を明らかにしていないが、「データの流出で1000億円強の利益を喪失した」(広報)と説明している。

 警視庁捜査2課は同日、不正競争防止法違反(営業秘密開示)容疑で、東芝の業務提携先の半導体メーカーの元技術者、杉田吉隆容疑者(52)=北九州市=を逮捕した。データを不正に持ち出し、転職先だったSKハイニックスに提供した疑いが持たれており、杉田容疑者は「間違いありません」と供述している。

 読売新聞は14日朝刊で、杉田容疑者が周囲に「大金を手にしたので、残りの人生は遊んで暮らす」と話していたと報じている。東芝の研究データを不正流出させて大金を得ていたとすれば、売国奴というしかない。

 日本企業の機密技術が、海外に流出するケースは後を絶たない。韓国や中国の後発メーカーは、日本の技術者を好待遇で引き抜くなどして、日本企業を上回る実力を蓄えてきたとされる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。