袴田事件、再審開始を決定 発生から48年

2014.03.27

 昭和41年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で一家4人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、死刑が確定した袴田巌元被告(78)の第2次再審請求審で、静岡地裁(村山浩昭裁判長)は27日、再審開始を決定した。静岡地検は、決定を不服として東京高裁に即時抗告する方針。再審決定が確定すれば、戦後に発生し、死刑か無期懲役刑が確定した事件として9件目となる。

 確定判決で犯行時の着衣と認定されたズボンや半袖シャツなどの「5点の衣類」が、袴田元被告のものかどうかが最大の争点だった。約48年前の事件について地裁がどう判断するかが注目されていた。

 弁護側は、第2次請求審で実施した5点の衣類のDNA型鑑定結果などを「新証拠」として「確定判決に合理的な疑いが生じた」と主張。検察側は「証拠に新規性はなく、確定判決を覆す理由にはあたらない」としていた。

 鑑定では、半袖シャツの血痕について、検察、弁護側の鑑定人2人がいずれも「袴田元被告と一致する型は検出されなかった」と結論づけた。ただ、検察側鑑定人は「検出したDNA型が血痕に由来するかは不明」としている。

 弁護側は「無罪を100%裏付ける証拠。衣類は警察による捏造(ねつぞう)だ」と主張。検察側は「鑑定試料の劣化により、血痕のDNA型を識別することができない」と反論していた。

 検察側は、第2次請求審で、取り調べの録音テープや、捜査報告書など約600点の証拠を新たに開示。この中で、「出火直後に袴田元被告を見かけた」とする元同僚の証言について、弁護側は「袴田元被告のアリバイを示すもの」、検察側は「犯行時間帯からずれており、アリバイを示すものではない」としていた。

 第2次請求は平成20年、袴田元被告の姉、秀子さん(81)が申し立てた。元被告は心神耗弱の状態とされ、昨年12月、村山裁判長らが再審請求の意思を確認するため収監先の東京拘置所を訪れて面会を求めたが、元被告は応じなかった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!