鯨食えるが関係者衝撃 調査捕鯨に中止判決 食文化の衰退懸念も

2014.04.01


衝撃の判決。日本の鯨文化が危ない【拡大】

 オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)で3月31日、まさかの判決が出た。日本の南極海での調査捕鯨を国際捕鯨取締条約違反と認定、今後実施しないように命じたのだ。日本は北西太平洋でも調査捕鯨を行っているほか、各地の商業捕鯨も盛んなため、鯨肉を食べられなくなるわけではないが、関係者からは「日本の鯨文化が衰退する」との声が相次いでいる。

 宮城県・金華山の沖合で十数年間、調査捕鯨を続けてきた同県石巻市の牡鹿漁業協同組合の内海純さん(52)は、「心外というか意外というか…。とにかく納得がいかない」と困惑しきった様子で語った。漁協は毎年春、捕鯨会社と協力し、50日間かけて60頭を上限に調査捕鯨を続けてきたが、判決を受け、今年は実施できるかどうか見通せなくなった。

 江戸時代から約400年の捕鯨の歴史をもち、「捕鯨の町」として知られる和歌山県太地町でも困惑が広がる。三軒一高(さんげん・かずたか)町長は「非常に厳しい判決」と表情を曇らせた。「太地の捕鯨にも何らかの影響があることは間違いないと思う」と厳しい表情を見せたが、「太地は400年の長きにわたり捕鯨を続けてきた。今後も鯨に関わっていくことに何ら変わりはない」と力を込める。

 関東で唯一の小型捕鯨が行われている千葉県南房総市和田町の和田漁港。南極海の調査捕鯨とは直接関係はないため、和田町漁協の関係者は「町への直接の影響はないと思う」としながらも、「日本全体の鯨文化が衰退してしまわないか心配だ」と危ぶむ。

 鯨を食べることに長らく親しんできた日本。食文化そのものとも言っていいだけに影響は計り知れない。

 捕鯨をテーマにした著書『巨鯨の海』がある作家の伊東潤氏は「国際司法裁判所の判断の詳細は分からないが、鯨の生態を調べるためという調査本来の目的が理解されなかったことは残念だ。今後、鯨が日本で入手しにくくなるだろう。日本人の食文化においても、残念なことだ」と話している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。