「ホンマでっか!?TV」武田邦彦教授が小保方さんを擁護「納得できる内容」 (1/2ページ)

2014.04.15


小保方氏を応援する声もいまだ根強い【拡大】

 新型万能細胞「STAP細胞」の論文不正問題で、理化学研究所(神戸)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が、実験の成功回数「200回以上」の疑義などについて文書で再び反論した。理研との敵対姿勢が一段と強まるなか、騒動当初からSTAP論文を評価し続けているのが、東大出身の工学博士で中部大特任教授の武田邦彦氏(70)だ。テレビ番組での切れ味鋭い発言でも知られる同氏。捏造、改ざんと認定されながら応援するその真意は…。

 「STAP細胞の作製に200回以上成功した」。反論会見で衝撃発言を行った小保方氏。「物理的にその回数はありえない」との疑問が渦巻いたが、14日に代理人弁護士を介して出した文書で、具体的な経緯を説明するなど再び反論してみせた。

 理研と小保方氏の溝は深まるばかりだが、その対立は別として、当初から論文そのものを評価する声は少なくない。

 「すばらしい研究であるとの評価は変わらない。写真の取り違えなどがあったとしても、論文の骨子が揺らぐことはない。実にいい論文だ」

 こう絶賛するのは、中部大総合工学研究所特任教授の武田氏だ。

 東大卒業後、工学分野で博士号を取得し、芝浦工業大工学部教授などを歴任。フジテレビ系バラエティー番組「ホンマでっか!?TV」のコメンテーターも務めている。知名度抜群の同氏が小保方氏を支持する理由は何なのか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!