「2ちゃんねる」分裂騒動の真相… 創始者・ひろゆき氏が内情暴露し新版を公開 (1/2ページ)

2014.04.22


分裂した2ちゃんねる。手前が新版で後ろが旧版。画面はほぼ同じで見分けが付きづらいが、アクセスする際のドメイン(住所)を見比べると、「2ch.sc」(新版)と「2ch.net」(旧版)でまったく異なる【拡大】

 世界最大級のインターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」が揺れている。創始者で元管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏(37)とみられる人物が、インターネット上で「2ちゃんねる」の所有権をめぐる争いが起きていることを暴露。現体制に対し「サービスを乗っ取った不法行為」として法的措置をとる可能性を示唆し、新版の「2ちゃんねる」を立ち上げた。私生活では結婚を発表したばかりの西村氏だが、一体、何が起きているのか。

 「サービスとドメイン(ネット上の住所)の違法な乗っ取りをしているというのが現状の2ちゃんねるです」

 今月1日、ネット上に突如出現した「昨今の2ちゃんねるの現状に関して」と題された声明。西村氏とみられる人物が出したもので、サイトが抱える異常事態を赤裸々につづっている。

 「声明によれば、2ちゃんねるは10年以上、レンタルサーバー会社にサーバーを借りる形で運営されていた。ところが、今年2月になってそのレンタルサーバー会社が無断でドメインを変更して運営スタッフを閉め出してしまったようなのです」(事情に詳しい関係者)

 声明で現在の2ちゃんねるに取って代わる新版サイト「2ch.sc」の公開を宣言し、実際に11日に開設。関係者同士のゴタゴタで現在、新旧2つの“2ちゃん”が存在する事態になっている。

 1999年に発足した旧サイトは、あらゆるジャンルにわたって自由な議論が匿名で行える場として利用者は拡大した。だが、同時にトラブルも生んできた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。