「アニメを見る人=オタク」は大きな間違い

★今週のジェネ子・工藤清美(18)

2014.04.24


工藤清美、夢:モデル・タレント。「夢を実現させるために頑張ってます!」【拡大】

 

 「アニメを見る人=オタク」とかいまだに思っていませんか。それは大きな間違いです。今の中学生、高校生、大学生は男も女も普通にテレビアニメを見ています。昔でいえば週刊コミック誌を読むように、アニメを見ています。

 実は若者の「テレビ離れ」と「アニメファン増加」はリンクしています。バラエティー番組を見れば「いつものメンバー」的芸人たちが登場。ドラマにしても、同じようなキャストに同じテイストのストーリーばかり。全然刺激的じゃないですよね。

 しかし、アニメは違います。ラブストーリー、SF、ミステリー、スポ根、ちょっとエロテイスト、戦争もの、歴史系、青春ドラマ…さまざまなジャンルの作品があります。もちろん主人公も千差万別。さまざまなキャラクターの中から、自分のお気に入りを探すのも楽しいはず。生まれたときからアニメに親しんできたジェネレーションとしては当然の選択なのです。

 あなたも今までの偏見を捨てて、たまにはアニメを見てみませんか。

 ■吉見鉄也(よしみ・てつや) マルチ・コンプレックス・クリエーター。1968年生まれ。特技は転職。一部上場企業の役員を経て芸能事務所社長ほか多数の業務に携わる。仕事柄、10−20代と交流の機会も多い。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。