【女性閣僚・特別対談】初入閣時、首相が断言「君たちならできる」 稲田朋美氏×森雅子氏 (1/2ページ)

2014.04.29


女性目線で安倍内閣を支える、稲田行革担当相(左)と、森消費者行政・男女共同参画担当相【拡大】

★(1)

 第2次安倍晋三内閣は「女性が輝く日本をつくる」という方針を掲げている。これを閣内で象徴しているのが、稲田朋美行政改革担当相(55)と、森雅子消費者行政・男女共同参画担当相(49)の2人だ。内閣発足から1年4カ月、両大臣に語り合ってもらった。

 ──お二人は仲がいいですね

 稲田氏「私たちはともに弁護士で、何かと共通点が多いんですよ」

 森氏「自民党内で女性弁護士といえば2人だけですね。昨年夏の参院選では、稲田さんに、私の地元・福島県まで来ていただき、『私たちには8つの共通点がある』と応援演説していただきました。覚えています?」

 稲田氏「同じ派閥(清和会)で、夫も弁護士、子供も2人ですよね。加えて、2人とも美人ですし(笑)」

 森氏「フフフ…。そんな稲田さんのユーモアに、とても救われたんですよ。というのも、安倍内閣の閣僚で改選だったのは3人いたのですが、林芳正農水相も山本一太特命担当相も選挙はものすごく強いでしょ。苦戦していたのは私だけでしたから」

 稲田氏「党内での役職も、ペアを組むことが多かったです。法務部会もずっと一緒でした。森さんが法務部会長をしていたときは、私が部会長代理、私が法務部会長をしたときは森さんに部会長代理をしてもらった」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!