アパ・元谷代表×テキサス親父特別対談 反日勢力の謀略に騙されるな (1/2ページ)

2014.05.03


元谷氏(左)と、マラーノ氏は、初めての対談で意気投合した【拡大】

 日米の「憂国の士」が意気投合した。アパグループ代表で日本の誇りを取り戻す言論活動を続ける元谷外志雄氏と、「テキサス親父」こと米評論家のトニー・マラーノ氏が緊急対談した。日本と日本人を貶める隣国の「ディスカウント・ジャパン」運動への対策や、アジア太平洋地域の平和と安定に不可欠な日米同盟の今後について、思う存分語り合った。

 元谷氏「世界に向けて、日本の真実について発信をしてくれているマラーノ氏に敬意を表したい。慰安婦問題や南京大虐殺など、国内外で歪曲(わいきょく)された歴史が意図的に流された。日本があまり反撃しなかったために、間違った認識が広まってしまった」

 マラーノ氏「私からすると、慰安婦問題が騒ぎになっているのは、日米同盟にクサビを打ち込む思惑と、韓国の国内問題から目をそらす狙いとしか思えない。韓国は中国にうまく操られている。米国の左派メディアもひどいが、日本の左派メディアも相当問題のようだ」

 元谷氏「慰安婦問題では、マラーノ氏が、太平洋戦争中の1944年、米軍がビルマ(現ミャンマー)で、朝鮮人慰安婦から聞き取り調査した報告書を公表したことで、『慰安婦=戦時高給売春婦』『強制連行はなかった』ということが広まってきた」

 マラーノ氏「事実を公表することで、中韓の情報・謀略工作に対抗することができる。そもそも、米国では『日本は特別な文化・歴史を持っている』と尊敬されており、日米同盟は重要だと認識されている。一方、米国では最近、新しいバージョンの慰安婦(=韓国人売春婦)が増えている」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。