「被ばくしたからですよ」前双葉町長の人物像 「美味しんぼ」議論呼ぶ鼻血描写 (1/2ページ)

2014.05.13


鼻血の描写が問題になった漫画「美味しんぼ」。井戸川氏も実名で登場する【拡大】

 東京電力福島第1原発を訪問後に鼻血を出す描写が議論を呼んでいる、人気漫画「美味しんぼ」(雁屋哲・作、花咲アキラ・画)。福島県や双葉町が「風評被害」として抗議声明を出す事態に発展しているが、この「鼻血騒動」を“牽引”しているのが、前双葉町長の井戸川克隆氏(67)だ。作中で鼻血の原因を「被ばくしたからですよ」と説明し、フェイスブック(FB)には、自らの鼻血写真も公開している。

 議論を呼んだのは、連載する「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)4月28日と5月12日発売号で描かれた場面だ。

 4月28日号で、福島第1原発を訪れた主人公の新聞記者、山岡士郎が突然、鼻血を出し、疲労感を訴えた。診察した医師には「福島の放射線とこの鼻血とは関連づける医学的知見がありません」と言われたが、井戸川氏が「福島では同じ症状の人が大勢いますよ」と説明。続く5月12日号でも、井戸川氏は鼻血の原因を「被ばくしたからですよ」と発言。「今の福島に住んではいけないと言いたい」と訴える場面もある。

 原発の健康被害を声高に訴え続ける井戸川氏とはどんな人物なのか。2期目の任期中に見舞われた原発事故当初は、行動力のあるリーダーとして一躍、脚光を浴びた。

 「事故発生直後に埼玉県加須市への役場引っ越しを決断し、1300人強の町民を連れて行くという大技をやってのけ、リーダーシップが高く評価された」(地元関係者)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!