オレンジ世代酒場、新橋に19日オープン ハイボール飲み放題「オレンジ世代セット」

2014.05.16

 東京・新橋に、夕刊フジ全面協力の居酒屋がオープンする。その名も「オレンジ世代酒場」。上質のもつ焼きをウリにした店舗で、おつまみに飲み放題のハイボールを付けて2000円(税抜)という、常識破りのセットも用意する。「サラリーマンの聖地」に新名所の誕生だ。

 サラリーマンのお供として親しまれる夕刊フジが、40代以上の活動的な中高年「オレンジ世代」のアフターファイブを強力に後押しする。

 「オレンジ世代酒場」は19日オープン。飲食チェーン「ドリーマーズ」が展開する「串屋横丁 新橋西口通り店」をリニューアルする形で開店する。7月26日までの期間限定。店内には夕刊フジの1面を模したメニュー、創刊(1969年)以来の懐かしい紙面を掲示するなど、夕刊フジ読者にはたまらない内装だ。

 お店のコンセプトは「うまいもつ焼きをお腹いっぱい食べても安い店」だ。目玉商品をいくつかあげると、大トロのホルモンがこたえられない串焼き「スーパーホルモンロール」(1本120円、※価格は全て税抜)。1頭の豚からわずか800グラムしかとれない幻の肉「養豚スペシャル」(1本160円)。プリッとした歯応えが自慢の定番「煮込み」(330円)、高温のラードでカラッと上げた「手羽塩」(1本130円)などだ。

 なかでもオススメしたいのが「オレンジ世代セット」(2000円、2時間)。トロホルモンロールにジャンボ串カツ、煮込み、レバニラ炒め、酢もつ、食べ放題のキャベツ、飲み放題のハイボールが付いてこの値段だから、まさに常識破りといえる。このセットには、“お通し”として夕刊フジを1部プレゼントするニクい特典もある。

 もちろんセット外では、生ビールやワインといった飲み物も充実している。

 気温がグングン上昇するなか、アツアツのもつ焼きで精をつけ、キーンと冷えたハイボールやビールの爽快なのどごしを楽しむ。フトコロに優しい夕刊フジならではの「オレンジ世代酒場」に、ぜひ足を運んでいただきたい。

 ■「オレンジ世代酒場」(串屋横丁 新橋西口通り店)東京都港区新橋3の22の7(JR新橋駅烏森口から徒歩2分)(電)03・6435・8694、月〜土:16時〜、日:14〜21時

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。