2週連続で首都圏襲った不気味な揺れ 首都直下地震との関連は… (1/2ページ)

2014.05.17


東日本大震災では首都圏の交通がマヒした。あの悪夢が再現されるのか【拡大】

 先週、今週と立て続けに首都圏を襲った不気味な揺れに、首都圏住民の不安が募り始めている。果たして地震は、来週以降も続くのか。心配なのは、東大地震研が「4年以内に50%以下」の確率で発生するとしているマグニチュード(M)7以上の首都直下地震との関連だ。地震学者は2つの地震の気になる“接点”を指摘。「首都直下地震の前触れである可能性も捨てきれない」と警告する。

 通勤時間帯に当たる13日午前8時35分。会社へと急ぐサラリーマンの足下がグラついた。

 震度4の地震に見舞われたのは、都心に近い埼玉県草加市と横浜市港北区。東京23区でも震度3を観測した。気象庁によると、震源地は千葉県北西部で震源の深さは約80キロ、地震の規模はM4・9(推定)だった。

 目立った被害はなかったが、住民を不安にさせたのは、その8日前にも大きめの揺れが首都圏を襲っていたからだ。

 5日午前5時18分に発生した地震の震源地は伊豆大島近海。震源の深さは約156キロで、M6・0だった。JR東京駅に近く、オフィスビルが立ち並ぶ千代田区大手町は震度5弱に見舞われ、都内各地も震度3−4を記録した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!