【編集局から】あこぎな不動産仲介業者

2014.05.20

 消費増税の影響もあって沸いていたマンションブームも一服といった感じですが、先日、こんな話を聞きました。

 都内で中古マンションを探していた知人が、南西向きの2LDK、築4年で駅徒歩2分という物件を見つけ、不動産仲介業者に内覧を申し込みました。価格はソコソコしたようですが、掘り出し物的存在にひと目で気に入り、数日後、手付金を支払ったそうです。

 「問題はそこからだったんだよね」と知人。

 何でも、その仲介業者に、仲介手数料や所有権登記に必要な登録免許税など諸経費の見積りを出してもらったところ、「手数料に消費税を掛けているのに総額にさらに消費税を乗せててさ。何だこれって怒鳴ったら、どう言ったと思う? 『ま、いいじゃないですか』だと。謝るどころか、へらへら笑ってて」。揚げ句「『こんないい物件、なかなかありませんよ』って話をはぐらかそうとするんだよね」。

 バレなきゃそのまま通してもうけようという業者のセコさに「解約してやろうかと思ったけど、そうするには手付金を放棄しないといけないし…」。怒りを飲み込み、見積書を出し直させて契約を終えたそうです。

 すべての業者がこうではありませんが、悪質な会社もゼロではないのが業界の現実。物件の取得は専門知識が必要になってくるので、気分よく買うには、民間のコンサルタントに相談するのも一つの手だな、と改めて思いました。 (不動産担当)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!