辞任から5カ月…猪瀬氏を直撃 港区でハムカツ食べてた「時期がきたら話します」 (1/2ページ)

2014.06.02


猪瀬直樹氏【拡大】

 注目の辞任劇から5カ月。前東京都知事で作家の猪瀬直樹氏(67)が、夕刊フジの直撃取材に応じ、現在の心境を吐露した。辞任の原因となった医療法人「徳洲会」グループから受け取った選挙資金5000万円を収支報告書に記入しなかった問題について「時期がきたら話す」と明言。現在の暮らしぶりも明かした。

 5月下旬の平日の昼下がり。

 東京都港区内の飲食店に1人の男が入ってきた。青いポロシャツにカーキ色のパンツ。ラフないで立ちで週刊文春を携えて登場したのは、猪瀬氏だった。

 注文した980円のハムカツ定食を文春を読みながら口に運ぶ。そこにはかつて都政の長として君臨した面影はない。

 30分ほどかけてランチを済ませ、くわえたばこで店を出てきた猪瀬氏を直撃した。

 「夕刊フジです。猪瀬さんですね?」

 「どこから出てきたの?」と猪瀬氏。

 飲食店の店内にいたことを伝えると「そんなに慌てて写真撮らなくたっていいでしょう。逃げも隠れもしないんだから…」と力なく笑う。

 道路公団民営化問題で特殊法人と渡り合い、東京電力の改革で経営陣を激しく追及した迫力は感じられず、どこか達観したかのようにもうかがえる。いま何をしているのだろうか。

 「もうすぐ妻の一周忌で、その準備をしないといけない。部屋の片付けをしたり、メルマガもやっている」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!