全く頼りにならないオバマ政権 中国の軍拡に対抗する戦略は皆無 (1/2ページ)

2014.06.04


アジア安全保障会議で、会談したヘーゲル長官と安倍首相(ロイター)【拡大】

 シンガポールで開かれていたアジア安全保障会議で、オバマ政権は2つの問題を暴露してしまった。3年前、「アジアへの大転回」とものものしく銘うったアジア戦略を発表したが何もやっていないこと、中国の軍事拡大に対抗する戦略を全く持っていないことだ。

 ワシントンの軍事専門家は、次のように述べている。

 「ヘーゲル国防長官の演説を聞いていると、中国の軍事的拡大の歴史的、構造的な意味合いをまったく理解していないことが明らかだ。中国の立場を理解していないのだから、米国が率先して対応策をたてられるはずがない」

 中国の南シナ海における勢力の拡大は歴史的に見ると、米国が英国から独立した後のモンロー主義やカリブ戦略を思い起こさせる。拡大しつつある国家は、基本的に自国周辺の安全を確立するため、軍事力を増強する。

 ところが、オバマ政権は、こうした中国の基本的な立場を理解していないため、中国に対する軍事政策が口先だけのものになってしまう。

 中国の軍事力拡大の目標の第一は、南シナ海を自分たちの内海にすることだ。次に経済の生命線ともいうべき中国の港湾施設の安全を維持するため、広大な防空識別圏を設けて外国の軍用機を近づけない構えをとる。

 そして尖閣諸島をめぐる中国の挑発的な行動は、「沖縄に対する侵略の第一歩」と米軍当局は考えている。中国が米国のアジアの拠点・沖縄を制圧するため、動こうとしているとみているのである。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!