「現預金874兆円」の真相 直接金融の国と間接金融の国 (1/2ページ)

2014.06.24

 「880兆円もの規模で、約5割以上の金を現預金で持っているという先進国はないですよ」

 麻生太郎財務相は13日の閣議後記者会見でこう述べた。これを、マスコミは、日本の家庭に「タンス預金」などで膨大なお金が眠っている現状に強い口調で疑問を呈したと報じている。

 麻生大臣が引用した数字は、日銀が公表している資金循環勘定の2013年末の資産負債表からのものだ。数字を正確にいえば、家計の資産が1644兆円あり、そのうち現預金が874兆円を占めていることを指摘したものだ。

 874兆円の内訳は、現金が58兆円、預金が816兆円である。つまり、マスコミのいう「タンス預金」ではなく、金融機関に預けられている預金が大宗を占めている。

 日銀からは、資金循環の日米欧比較として、日本、米国、ユーロ圏の家計の資産構成も公表されている。それをみると、現預金の割合について、日本53・1%、米国12・5%、ユーロ圏35・4%と日本が一番高い。

 その差は、株式に対する選好の違いと表裏一体だ。株式・出資金の割合は、日本9・4%、米国33・7%、ユーロ圏16・4%と、日本が一番低くなっている。

 これは、以前からある問題で、金融システムが直接金融か間接金融のどちらが良いのかということだ。要するに、家計の資産について、銀行が預金として受け取り、銀行経由で企業に貸し出されるのか、または証券会社が介在して株式を家計が取得して、それで企業に資金が流れるのか、どちらがいい金融システムかという問題である。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!