「うやむや」が許されないのは朝日新聞の慰安婦報道 (1/2ページ)

2014.07.03

★(3)

 東京都議会のセクハラやじ問題を、一部メディアが大きく取り上げている。直前に、慰安婦をめぐる「河野洋平官房長官談話」の作成過程が明らかになり、日韓両政府の政治的妥協の産物で、歴史的事実に基づいたものではなかったことが判明した。私は、これを国民の目からそらそうとしているように感じると、前回指摘した。

 強制連行説に立って慰安婦報道を主導した朝日新聞は、談話作成過程の検討チームの報告書が出た翌日(6月21日朝刊)の社説で、「もう談話に疑義をはさむのはやめるべきだ」と書いた。そのうえで、「もっとも大切なのは元慰安婦たちの救済であることは論をまたない」とし、「河野談話をめぐって『負の連鎖』を繰り返すことなく、今度こそ問題解決の原点に戻るべきだ」と締めくくっている。

 自らの報道をきっかけに、少女たち20万人が強制連行され、性奴隷にされたという、事実に基づかない言説が国際社会に流布され、日本人の誇りが傷付けられ、わが国の外交や安全保障、ビジネスの障害になっているのに、まるで人ごとで論点をズラそうとしている。

 「問題解決の原点」はあくまで、日本軍や官憲が組織的に強制連行したかどうかの事実関係である。朝日新聞が「強制連行した」と大きく報道したために、韓国のメディアや世論が騒ぎ、談話を出す事態になったということではないか。

 「問題の解決」には、日韓双方が強制連行がなかったことを確認し、朝日新聞など、強制連行があったと報道してきたメディアが謝罪し、訂正することが必要である。元慰安婦の救済は別の問題だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。