【朝日新聞研究】河野談話の欺瞞に気づいた朝日 慰安婦問題の論点すり替え画策か (1/2ページ)

2014.07.09


日本を貶める談話を発表した河野氏=1993年8月4日【拡大】

★(2)

 「河野洋平官房長官談話」の作成過程の検証結果が6月20日、公表された。極めて長文だったが、ハッキリしたことは、日韓両政府が事前にすり合わせた、徹底的な政治的妥協の産物であったことである。

 これに関する翌21日の朝日社説には、奇妙なところがたくさんある。

 例えば、「韓国にすれば、日本側から秘密にしようと持ちかけられたことである。それなのに了承もなく、一方的に公表されるのは信義に反することになる」とある。だが、談話発表後に、何度も何度も蒸し返してきたのは韓国側であり、それこそ信義に反している。

 また、「安倍(晋三)首相はかつて、慰安婦への謝罪と反省を表明した河野談話の見直しを主張していた。だが、国際社会からの強い反発もあって、河野談話を見直さないとの方針に転じた。もう談話に疑義をはさむのはやめるべきだ」ともある。

 この「国際社会」とは、第3面に4段見出しで大きく、「見直し封印 米の影」とあるように、明らかに米国である。安倍首相は日本の防衛を根本的に依存している米国の意向に逆らえず、断腸の思いで見直しを封印したに過ぎない。

 慰安婦問題は、1983年に元軍人の吉田清治氏が『慰安婦を強制連行した』という捏造の大ウソ本を書き、91年に朝日新聞が大きく取り上げて、韓国が騒ぎ出した。朝日新聞には責任がある。先の検証結果には、日本政府の「強制連行は確認できない」という一線を、河野氏が独断で記者会見で踏み越えた売国的行為が記されている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!