中国の南京大虐殺、従軍慰安婦のユネスコ記憶遺産登録は暴挙 幸福実現党がデモ行進

2014.07.28


『中国による「南京大虐殺」「従軍慰安婦」のユネスコ記憶遺産登録は暴挙だ!!』デモを行った幸福実現党【拡大】

 幸福実現党(釈量子党首)は26日、東京で『中国による「南京大虐殺」「従軍慰安婦」のユネスコ記憶遺産登録は暴挙だ!!』デモを行った。

 東京・日比谷に集まった1700人は、午後3時半から日章旗やプラカードを掲げながら出発、新橋駅から銀座を通り鍛冶橋までデモ行進した。その間、マンガで分かりやすく訴えた『「南京大虐殺」はなかった!』というパンフレット約3000枚を配りアピール。

 行進後、釈党首は「来年は戦後70年。もし中国の申請が認められたら、人口20万人の南京で30万人以上が虐殺されたという嘘の歴史が世界常識として定着してしまいます。このデモを起点に来年まで、30万筆の署名を集める国民運動を展開します。今こそ日本の誇りを取り戻すチャンスです。ご一緒に立ち上がりましょう」と話し、来年には集めた署名を安倍晋三首相に提出、「安倍談話」に反映させてほしいと語った。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。