超エリート一家が… 複雑な環境が猟奇的行動の遠因に 佐世保の同級生殺害 (2/3ページ)

2014.07.29


殺害現場のマンションから荷物を運び出す捜査員=28日午後、長崎県佐世保市【拡大】

 父親のものとみられるフェイスブックには、仲むつまじい様子がつづられ、2011年の書き込みでは、女子生徒から父の日のプレゼントとしてケーキをもらったことを明かし、「父であることと、よい娘をもったことに感謝」と投稿。父子の2ショット写真も披露していた。

 しかし、母親が昨年10月、膵臓がんで亡くなってからエリート一家は一変する。

 「父親は今年に入って一回り以上も年下の女性と再婚した。女子生徒は9月にはオーストラリアに留学を予定しており、4月から1人暮らしをしていたのは予行訓練だったようだ」(捜査関係者)

 今年5月、女子生徒は幼なじみの女性(17)に「お母さんが亡くなって、すぐにお父さんが別の人を連れてきたから、お母さんのこと、どうでもいいのかな」と落ち込んだ様子をみせていた。この女性は「新しいお母さんになじめなかったようだ。家にいづらくなり、1人暮らしを始めたと思う。親のストレスが事件の一番の原因では」と振り返った。

 ピアノコンクールなどで入賞するなど「文武両道で多才」だった女子生徒。だが、小学6年だった10年12月には、同級生の給食に洗剤を混入させる問題を起こした。担任の教諭には当時、「ばかにされたので入れた」と説明している。父親に殴りかかることもあるなど両極端な一面もあった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。